標準貫入試験|〜地盤の事なら何でもご相談下さい〜過剰補強を防止〜地盤調査専門会社、株式会社グランド・アイ

株式会社グランド・アイ
01

標準貫入試験とは??

本試験は、一般的にはボーリング調査とも呼ばれており、1.0mずつ地盤の強度を測定する方法で、通常は土のサンプルを採取しながら試験を行います。

試験の方法を簡単に説明しますと、質量63.5kg±0.5kgのドライブハンマーを76cm±1cm(30インチ)の高さから自由落下させてボーリングロッド頭部に取り付けたノッキングブロックを打撃し、ボーリングロッドの先端に取り付けられた標準貫入試験用サンプラーを30cm打ち込むのに要する打撃回数(=N値)を求める試験となります。
※特に必要のない場合は、50回を限度とする。

02

標準貫入試験概略図・試験用具

標準貫入試験機概略図

膨大な蓄積データから高精度のボーリング調査が可能

06

グランド・アイでは、調査案件毎に膨大な蓄積データから、周辺データや過去の土地利用状況等、ロケーションを事前に把握した上での調査を行っております。
ですから、データのみならず、総合的な地盤解析を行っています。
又、必要に応じてお客様にデータ提供も行っております。

04

標準貫入試験の結果は、下記のような柱状図で表します。※図1
この柱状図には、N値と呼ばれる代表的な地盤の強度を表す数値を始め、土質構成や各地層の特徴など、現場でしか分からない様々な情報を事細かく記します。
又、採取した各地層の代表的な試料を透明な容器に入れ標本を作成します。※図2

柱状図
標本
問い合わせ